魅惑的なメンズファッション
ホーム > ダイエット > コレステロールを下げる食事

コレステロールを下げる食事

食事でのコレステロールを調節することで、生活習慣病対策をしたいという人がいます。一体、どんな食事をすることで、コレステロールを下げることができるものなのでしょうか。朝ご飯を和食中心にすることが、コレステロールを下げる効果があります。朝ご飯を洋食にすると、ベーコンやバター、卵など、コレステロール値の高いものが多く登場します。コレステロールの少ない洋食の朝食にしたい場合は、高リノール酸を使ったマーガリンや、脂肪量の少ないハムがおすすめです。肉類を食べるときは、脂肪の多いロース肉やバラ肉などを避け、脂肪の少ないもも肉や鶏肉などを選ぶようにしましょう。コレステロールか気になる人は、背の青い魚を食べるといいでしょう。血液中の中性脂肪の量を減らす効果も期待できます。飽和脂肪が多くなく、かつたんぱく質が豊富な食品に大豆があります。献立を考える時に、豆腐やおから、厚揚げなどを使うといいでしょう。低脂肪の乳製品を使うことで、コレステロールの摂取量が控えられます。たんぱく質やカルシウムは、乳製品から上手に摂取して、健康増進に役立てていくといいでしょう。コレステロールを下げたいならば、野菜や海草類を多く食べるといいでしょう。それとお茶もおすすめです。私はダイエット用にめっちゃぜいたくフルーツ青汁を飲んでいます。食事の内容を決める時に、青汁を加えることを意識しておくといいでしょう。コレステロールのことを考えるならば、間食には和菓子を選択しましょう。毎日の食事を工夫して、コレステロール値を下げるようにしましょう。